FC2ブログ

才能に対して「悔しい」と思えること

こんばんは、おだまきです。


たまには、ちょっと「創作野郎っぽい」お話。


すごい才能を持った人に出会っても、すごいなぁ、とか、私ももっと頑張らないとなぁって思うことばかりでした。

平あげは(通称・ぱっち)に関しては、私のイチオシ野郎。
殿堂入りクラスなので、一緒に活動してくれることに感謝している毎日です。

あれ?これ、夫婦関係で言ったら『奥さんにベタ惚れしてる旦那』だよね?(笑)


そんな中、つい最近になって、すごい才能溢れる人に出会いました。

あまりの素晴らしい才能に感動して、どんな人なんだろう!?って思って、その人の経歴などを調べてみたら、


「私とあんまり変わらない!?何それめっちゃ悔しい!!」


って思いました。

思いました、というより、「思えました」っていうのがいいかな。


嫉妬や妬みではなく、悔しかったんです。
その人の才能に対して、悔しいって心底思えました。


そして、悔しいって感情、まだ持つことができたんだなぁって気が付いて、そしたら色んなことに気合が入っちゃって、仕事もサークル活動もバリバリやりたくて、疲れも悩みも一気に吹きとんでしまいました。


悔しいと思えるほどの才能を見せてもらえたことに、いつか御礼が言いたいです。

こんなところからじゃ、届かないかもしれないけど。
(あと、あんまり詳しく書いてしまうと素性バレしちゃうのが嫌なので;;;)


でも、いつか、その人に御礼を言えるチャンスがあったら、私のイチオシの相方ぱっちの話をめいっぱいして、ぱっちの作品を読んでもらって、その光景を見て感動して泣いてしまうかもしれないけど、とにかくぱっちという才能を、その人に見てもらいたいです。


新しい夢、できちゃったな。
その為にも私がもっと努力しなくちゃいけませんね。




にほんブログ村


ミステリーランキング



いつもありがとうございます、よろしければポチッとお願いいたします。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント