FC2ブログ

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2020年1月29日(水)現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2020年1月20日以知記(当ブログ)最終更新日 2020年1月26日平あげは個人ブログ最終更新日 2020年1月26日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平あげは...

「平安絵巻編 特別版」の通販開始のお知らせ

以知記でございます。2020年1月19日に行われました、第四回文学フリマ京都にて頒布させていただきましたその名を呼ぶものシリーズ 平安絵巻編 特別版通販ページができあがりました。「その名を呼ぶものシリーズ 平安絵巻編 特別版」は、当ブログや小説投稿サイト様で公開させていただいているお話の加筆修正・未収録部分に加え、後日談も収録させていただき、以知記の描く平安時代がたっぷり詰まった一冊となっておりま...

平あげは個人の未完成作品の公開について

以知記でございます。この度、平あげはの個人ブログ及び小説過去ログにて公開させていただいております、未完成作品の公開を取り下げさせていただくこととなりました。今後は、未完成作品を二次創作からオリジナル作品へ作成しなおし、公開させていただきます。なお、公開方法につきましては作品ごとに変わるかと思いますので、以知記のブログや平あげは個人ブログ、Twitterにてその都度お知らせさせていただきますので、もうしば...

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2020年1月22日(水)現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2020年1月20日以知記(当ブログ)最終更新日 2020年1月21日平あげは個人ブログ最終更新日 2019年12月17日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平あげ...

次は「うまいもん祭り」です!

おはようございます、以知記でございます。文学フリマ京都も終わり、以知記はすぐ次の原稿に取り掛かります!次は関西めしけっと5です。去年、以知記が初めてイベントに参加させて頂いた、あの関西めしけっとです。ということで、ブログではしばらく以知記冬のうまいもん祭り2019~2020を開催させていただきますo(`・ω・´)oまずはこちら!ハイ!(ぱっち風)和歌山県産の富有柿でございます。このままでもかなり美味しそうな色ですが...

文学フリマ京都ありがとうございました!

以知記でございます。昨日、京都市内で開催されました、第四回文学フリマ京都は無事に閉会いたしました。Twitterでちょっと呟かせていただいたのですが、おだまきの自宅近くの道路が凍結してしまい、出発するのが遅れたために会場入りがお客様より少し後になるというハプニングがございました(><)(一番日当たりの悪い下り坂に早朝というか夜中にお水をまくのをやめてほしい・・・ご近所さん皆さま結構困っておられるのです・...

第四回文学フリマ京都 出店参加のお知らせ

以知記でございます。来る2020年1月19日(日)に行われます、第四回文学フリマ京都に出店させていただきます。今回は、文学フリマ京都限定のご当地ジャンルである「もののけ・妖(あやかし)」で出店させていただきまして、その名を呼ぶもの 平安絵巻編 特別版を新刊として頒布させていただきます。また、文学フリマ大阪で頒布させていただきました、お茶のお作法 第一煎目こちらも少しですが頒布予定でございます。当ブ...

ひとつ「あとがき」という名の言い訳よろしいでしょうか?

こんばんは、おだまきでございます。年またぎをしてしまいました、その名を呼ぶものシリーズ平安絵巻編「名の由来を語る者」、ようやく完結致しました。相変わらずの激遅更新で本当に情けない限りでございます・・・ただ今、今週末の文学フリマ京都にむけて、未公開部分と限定公開エピソードを含めた校正中です。もうひと踏ん張り!!ここでひとつ、言い訳よろしいでしょうか?どこぞの警部殿のようなセリフで、とっても情けない告...

平安絵巻編「名の由来を語る者」(11)

こちらの小説は平安絵巻編「名の由来を語る者」(10)の続きとなっております。「幼き頃の倫子(りんし)は、道長を見てどう思ったのか。」藤華姫を落ち着かせるために、主が話の続きを促された。こちらの様子にお気づきになられた藤華姫が、再び私の方へ向き、お話を続けてくださった。「ミヤマ、ごめんなさい。えぇと・・・あっ、そうそう、道長を初めて見た時は、何の前触れもなく表れたから心臓が止まるかと思うほどビックリ...

平安絵巻編「名の由来を語る者」(10)

こちらの小説は平安絵巻編「名の由来を語る者」(9)の続きとなっております。「祭りの行列の中で、輿(こし)に乗っておる者だけがつけておったのが、倫子(りんし)が言う『藤の花の髪飾り』のことだ。」主が私でもわかりやすいようにと教えてくださった。それを聞いた藤華姫が、何度も頷き、話をお続けになられた。「あれは二個が対になっているデザインなの。幼い頃にね、道長の姉上の遊び相手の一人として御呼ばれしたことが...