FC2ブログ

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2019年12月25日(水)現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2019年12月1日以知記(当ブログ)最終更新日 2019年12月21日平あげは個人ブログ最終更新日 2019年12月17日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平...

文フリ京都で頒布させていただく「平安絵巻編」について

以知記でございます。先日更新させていただきました第四回文学フリマ京都出店参加のお知らせという記事でお知らせさせていただきましたように、新年あけてすぐに京都市内で開催されますイベントに参加させていただきます。文学フリマの参加ジャンルは全国共通のものの他に、一部の会場では「ご当地ジャンル」というものがございます。京都には「もののけ・妖」というご当地ジャンルがございまして、京都ということもあり、以知記が...

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2019年12月18日(水)現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2019年12月1日以知記(当ブログ)最終更新日 2019年12月16日平あげは個人ブログ最終更新日 2019年12月17日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平...

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2019年12月11日現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2019年12月1日以知記(当ブログ)最終更新日 2019年12月10日平あげは個人ブログ最終更新日 2019年12月1日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平あげは(...

画集「男子譚」が届きました!

以知記でございます。先日告知させていただいておりました、平あげは(通称・ぱっち)が参加させていただきました画集男子譚がついに届きました!!早速表紙から参ります!!ハイ!(ぱっち風)画集はB6サイズとコンパクトになっておりますが、皆さまのイラストはサイズに負けない素敵な作品ばかりとなっております!!そして、先日のお知らせ記事ではまだ公開していなかった、ぱっちが描かせていただいたもう一枚のイラストがこち...

以知記の重大ニュース2019

こんにちは、おだまきです。昨年に引き続き、今年も以知記の重大ニュース2019と題しまして、一年を振り返ってみたいと思います。サークル活動報告と致しましては、今年は実際にイベントに参加させていただくようになり、たくさんの方々とお会いできたことが一番の思い出です。イベント会場でご挨拶させていただいた方々と、以知記や個人のTwitterでお話させていただく方が増え、新しい企画やイベントに参加させていただいたり...

色々やるよ!

こんばんは、おだまきです。今日はちょっと珍しい時間に更新。最近、平あげは(通称・ぱっち)と二人で色んな企画を見つけては、参加させていただいてもご迷惑でないかどうかを相談する、という状況が増えて参りました。そして本日、来年の東京でのイベントで頒布されるアンソロジー本に参加させていただくことになりました!詳しくは、当ブログのトップ記事に設定させていただいております、以知記の参加イベントおよび作品の販売...

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2019年12月4日現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2019年12月1日以知記(当ブログ)最終更新日 2019年12月2日平あげは個人ブログ最終更新日 2019年12月1日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平あげは(個人...

#折本2019に参加させていただきます

以知記でございます。Twitterでお見かけしたイベント#折本2019に参加させていただきます!このイベントは、作家が作った折本のデータを、購入者の皆さまにコンビニのコピー機を使って「ネットプリント」として出力していただきまして、折本を作って頂きましたのちお読みいただく、というものでございます。ネットプリントを使い、購入者様に折本として製本(切り込みを入れて折るだけでOKです)していただくので、価格はかなり...

平安絵巻編「名の由来を語る者」(5)

こちらの小説は平安絵巻編「名の由来を語る者」(4)の続きになっております。「・・・ふむ、あの扇か。」主は藤華姫に悟られぬよう、知らぬふりをして相槌を打たれた。それに関しては謎でありながらも意図も簡単にほどけてしまう、稚拙なものであった。しかし、主はあえて藤華姫のお言葉から事の次第をお聞きになろうとした。「あの扇を、道長があの女のために用意したものだって言ったのよ!あれは!あれは!!ぐっ・・・げほっ...