FC2ブログ

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2019年10月30日現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2019年9月25日以知記(当ブログ)最終更新日 2019年10月24日平あげは個人ブログ最終更新日 2019年9月16日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平あげは(...

ご褒美!

こんばんは、おだまきです。今年は夏から体調を崩しやすくしていて、なかなか思うように活動できない日もたくさんありました。今も、低気圧の影響と思われる症状が出ているのですが、理由がわかっていると対処できるので、夏から比べるとずいぶんと元気になってきたなぁって思います。そんな中、仕事では大きな山場をひとつ乗り越え、ちょっとホッとしたいなと思っていたところに、素敵なご褒美のお知らせが届きまして!そのご褒美...

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2019年10月23日現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2019年9月25日以知記(当ブログ)最終更新日 2019年10月22日平あげは個人ブログ最終更新日 2019年9月16日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平あげは(...

平安絵巻編「名の由来を語る者」(4)

こちらの小説は平安絵巻編「名の由来を語る者」(3)の続きになっております。「今の倫子(りんし)ならば、京の外れに棲むという『鬼』をも退治できそうだな。」主は藤華姫にそうおっしゃると、少し意地の悪そうな笑みを浮かべた。できそう、などという心にもない事を・・・。「こういう時の晴明さんって、どうも嘘をついているように見えないから反応に困るのよねぇ。」「嘘などついておらん、この晴明が見届けてもよいのだぞ?...

おだまきのヤル気とは

こんにちは、おだまきです。昨日、人生初の文学賞に応募した結果のお話をさせていただきましたが、落選したおかげでやりたいことが出てきました。と言いますのも、氷室冴子さんの文学賞では、青春がテーマになっているため、主人公を高校生にした作品として公開させていただいたのですが、落選したことで公開させていただいている小説投稿サイト「エブリスタ」以外でも公開できるようになりました。そして、他サイトでも公開させて...

結果は、やっぱり

こんにちは、おだまきです。またしても体調を崩しておりました。しかも、またしてもまたしてもアレルギーで。ここしばらくほとんど出なかった、気象アレルギーが出ちゃったのです。夏に別のアレルギー反応を起こしてしまったのが影響あったのかもしれません、ちょっと体調を崩しやすくしておりました。それでも仕事をし、家のことをし、だけど原稿はちょっと手が出なくって・・・と思っていたところに、今年の7月に初めて応募させ...

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2019年10月16日現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2019年9月25日以知記(当ブログ)最終更新日 2019年10月11日平あげは個人ブログ最終更新日 2019年9月16日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平あげは(...

平あげはが参加!画集「男子譚」が発売されました!

以知記でございます。この度、平あげはが参加させていただきました画集男子譚が発売されました。「男子譚」は、主催の瀬川ヒロ様(Twitter ID@segawa515)の呼びかけのもと、総勢31人の作家様が参加された、素敵なイラストを62枚収録された画集でございます。画集のタイトルの通り、内容は「美男子」ばかりの素敵な一冊となっております。販売価格は一冊500円(送料込み)となっております。なお、お申込み時に必要なパス...

更新状況のお知らせ(定期)

おはようございます、以知記(イチキ)でございます。2019年10月9日現在、ブログやpixiv等の更新状況をお知らせさせていただきます。(更新状況のお知らせ記事は除く)以知記の通販サイト(pixivの通販サービスBOOTH)最終更新日 2019年9月25日以知記(当ブログ)最終更新日 2019年10月7日平あげは個人ブログ最終更新日 2019年9月16日以知記fc2小説最終更新日 2019年2月9日平あげは(個人...

平安絵巻編「名の由来を語る者」(3)

こちらの小説は平安絵巻編「名の由来を語る者」(2)の続きになっております。「やはり、あの夜すぐに文を出しておいてよかった。」主が藤華姫の前にお座りになると、藤華姫はお人払いをなされた。「何度もお手紙をいただいてしまって、お手数をおかけしました。」「構わぬ、何かよからぬ予感がしたのでな。」「最初の手紙のおかげで、私も策を練ることができました。それもこれも、すべてミヤマのおかげよ。本当にありがとう!」...